HSPと生きていく。

HSPによるHSPの為のブログになるといいな。

繊細さんは非繊細さんよりも頑張らないといけないという事実。

繊細さんは非繊細さんよりも頑張らないといけないという事実。

繊細さんは非繊細さんよりも頑張らないといけないという事実。

どうも、たてしです。

 

繊細さんことHSPの人達は、非繊細さんと比較した時に、頑張らないといけない場面が多い様に感じるんです。でも受け入れて頑張っていこうねって記事です。

 

 

 

 

頑張らないといけない場面とは

こんな場面です。

→会社で誰かに意見を伝える時や後輩に注意をする時だったり、自分だけ環境音に耐えられない時(臭いや部屋の明るさなども同様)もそうだし、怒りっぽい人が社内にいる。などがあります。挙げ出すともっとありますが…。

 

これは人よりも多感であることが原因になっているのがほとんどですが、それを伝えるのも『どう思われるかな』とか『相手を傷つけないかな』とか考えてしまって、ホントに頑張らないと伝えられないんです。

 

また、伝えるのがしんどいからこそ、自分の感情を我慢してしまうこともあるのですが、これもまた同じくらい頑張らないといけないんです。(ストレスなので...)

 

でも、これは事実でもあるし、受け入れていかないといけないなと思い、この記事を書いています。

 

ある意味、頑張らないといけない。という事実そのものを受け入れた方が楽なのかもしれないです。

 

自分自身もこの事実に気付いてからは、以前より楽になった様に思います。(なんでこんなに頑張らないといけないんだろう、、って考えることが減っているからだと思います。)

 

もちろん、非繊細さんに比べて些細なことで幸せを感じれるのも事実なんです。悪いことばっかりじゃ無いんです。

 

ここからは、この事実を受け入れててもしんどいときはやっぱりあるよねってことで、自分なりの解決方法を紹介してみようと思いますので、困った時には試してみて欲しいです。

 

自分なりの解決方法

1.一度問題が起きている場所から離れる。

→会社で問題が起きた場合だったら、お手洗いに行ったり、自販機で飲み物を買ったりしてます。一旦その場から離れることによって、脳をリフレッシュできて頑張れます。

 

→家だったら、少し散歩してくる。などと言って散歩したりしてます。

 

しんどくなっちゃうと永遠にそのことばかり頭をよぎってしまうんですよね。だから強制的に忘れられるようなことが必要なんだと思います。

 

2.それでもダメなら一度頑張るのを辞める。

→自分はだらけちゃったりすることに抵抗感があったり、罪悪感を感じたりするのですが、ホントにしんどくなった時は潔く諦めてます。歌うのが好きなので永遠歌ってます。(しんどいとき専用のプレイリストも作ってます。笑)

 

すると、翌日治ったりすんですよね。多分、中途半端に頑張ったりするから余計にしんどくなるんじゃないのかな〜とか思います。

 

3.翌日も治らない時はアニメや映画などの作品に触れる。(一気に見る)

→翌日もしんどい時はアニメとかを一気に見ます。(完結するまで見るのが大事) そうすると、不思議とやる気が出るんですよねえ。

 

と、ざっくりあげてみました!同じ様な悩みを持っている人の参考になれば幸いですし、いいなと思ったらシェアをお願いしたいです。

 

ぼちぼち頑張りましょうね。