HSPと生きていく。

HSPによるHSPの為のブログになるといいな。

【HSP向け】球技や集団競技が苦手な理由

【HSP向け】球技や集団競技が苦手な理由

【HSP向け】球技や集団競技が苦手な理由

どうも、たてしです。


みなさんは球技や集団競技はお好きでしょうか?自分はどうも苦手で、好きにはなれないです。


今日は「HSPである自分が球技や集団競技が苦手な理由について」書き綴って行こうと思います。集団競技がダメだったのでずーっと個人競技をやってきました。

 

自分だけが苦手なのかな?って悩んでいる人へ自分だけじゃないよって思ってもらえたら幸いです。



 

なぜ球技や集団競技が苦手なのか?

理由

結論から書くと「いろいろ考えてしまう」からです。細かく書いていきます。


球技や集団競技は基本的に1人以上が前提としてあると思うのですが、誰かと何かを行う以上は意志のやり取りが発生しますよね。


キャッチボールをしていても「力加減は大丈夫かな?」「そろそろ疲れたんじゃないかな?」「太陽が眩しくないかな?」と言った感じで、あれやこれやと考えてしまいます。(そもそもこわくてできないんですけど...。)


あれやこれやと考えてると、当然疲れますし、次第にやりたくないなぁとなっていくワケですね...。


さらに2人以上の集団競技はもっとヤバいです。例えばドッチボールとか...。あれはキツカッタナー。


やっぱり人数が多ければ多いほど取得する情報量が増えるし、疲れます。ドッチボールとかだと「あぁこの人は楽しそうだな」「あぁこの人は苦手そう」「自分は頑張るべきかな...でも外野にいたいな」とかね...。


体育の時間は参加していましたが、休憩時間でやるようなドッチボールは全てお断りしてました。懐かしい。情報云々よりまずこわいです。あれ。それに人に対して強く投げれないです。HUNTER×HUNTERの世界で十分なんです。

 

対応策

ここまで球技や集団競技が苦手なことを紹介してきたのですが、ここからは自分なりの対応策を紹介してみようと思います。


苦手である旨を伝える

大人になるにつれて球技や集団競技に参加をする機会も減ってくるとは思うのですが、やっぱり対応策を突き詰めていくと苦手である旨をしっかり伝えて断ることが大事なのかなと思います。


変に嘘をつくと、自分の中でもやもやもしますし、今後の関係においてどこか壁の様なものを自分の中で感じてしまうのではないでしょうか。


そうならない為にも、しっかり伝えるのが大事なのかなと思います。


小学生や中学生の頃、苦手なりにも参加をしていましたが、先生に伝えてみれば良かったなって今振り返ると思います。


きっと先生も伝えたら気持ちを汲んでくれたかなって。逆に大人になってから断るのに困ってる人も多いのかもしれないですね。ゴルフとか。


ゴルフとかも同様に疲れちゃうんです。って言えたら良いですよね。付き合いだの我慢しろだの言われると最悪ですねぇ。辞めちゃいそうです。


もちろん自分は断っています。し、それによって何か言われたこともないです。

 

これからは

これからも変わらず、自分は苦手ですってスタンスを貫いて行こうと思います。

 

まる。