HSPと生きていく。

HSPによるHSPの為のブログになるといいな。

京都の舞妓夢コロンについてHSPの私が細かく紹介してみる

京都の舞妓夢コロンについてHSPの私が細かく紹介してみる

京都の舞妓夢コロンについてHSPの私が細かく紹介してみる

どうも、たてしです。

 

皆さんはこちらの香水を見たことはありますでしょうか?

 

かわいいですよね。こちら京都で作られている「舞妓夢コロン」というものでして、写真で紹介しているのは「金木犀」の香水となります。全部で5種類(山梔子・金木犀・柚子・紫式部・桜)あるようです。(※現在の情報と違っていればすみません。

 

 

それにしても山梔子(くちなし)と紫式部については全く香りの想像ができませんね。気になります…。

 

自分が購入しようと思った時には売り切れていて、入荷したタイミングを見計らって買った感じで、かなり人気商品かと思われます。(22年5月 Amazonレビュー数も7124数とかなり多い…。)

 

さて、そんな「舞妓夢コロン」を紹介していこうと思いますので、興味のある方は是非最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

 

気に入っている部分について

和のテイストを重視したデザイン

京都の舞妓夢コロン

京都の舞妓夢コロン

すみません、箱の写真は無いのですが、箱も含めて和のデザインを重視されており、それだけでも満足感を与えてくれます。京都ということもあって、舞妓さんのイラストも描かれていますね。

 

金木犀がそこにあるかと思える香りの良さ

金木犀のイメージ(撮影:たてし)

金木犀のイメージ(撮影:たてし)

目を閉じて舞妓夢コロンの香りを感じると、金木犀の世界に包まれます。大袈裟かもしれませんが、香りから金木犀を想像できる香りです。そこに少し甘さも追加されているような気がします。

 

持ち運びがしやすい

写真からだと少しわかりにくいかもしれませんが、非常にコンパクトで持ち運びがしやすいです。なので外出先でも気軽に使うことが出来ていいのかなと思っています。

 

あんまりだと思う部分(思われる)について

他の香りは微妙なのか?

こちらに関してはあくまで推測になってしまうのですが、金木犀以外の香りに関してはレビュー数などが以上に低いです。レビューでも数件見受けられたのは「金木犀以外はちょっと微妙」といったコメントです。

 

個人的には他の香りも全て試してみたい気持ちもありますので、その際にはまた紹介したいなと思いますが「他の香りはあんまりなのかな?」という観点から取り上げてみました。

 

吹きかけて使うにはアトマイザーを用意する必要がある

よく、香水などは噴射して使うイメージがあるものですが、こちらには噴射の機能は無いです。ですので、噴射して使いたい方はアトマイザーを個別に用意する必要があるようです。(※プッシュして吹きかけるものです。

 

舞妓夢コロンとアトマイザーがセットになっている商品も見つけました!

 

舞妓夢コロンの詳細や自分の使い方を紹介

さて、こちらの「気に入っている部分」と「あんまりな部分」を紹介したところで、そもそも「舞妓夢コロン」とは?って部分と自分が使っている使い方を紹介していこうと思います。

 

そもそも「舞妓夢コロン」とは?

大々的に専門のページが作られている商品でもないようで「三興物産株式会社」で作られていること「京都コスメ」というカテゴリーに分類されることぐらいしかわかりませんでした。

 

三興物産株式会社のオンラインショップ・マミーサンゴ公式によると「舞妓夢コロン」という商品は…。

「舞妓夢コロン」は香水の中でも比較的香りがやさしいオーデコロンです。日常的にも使いやすい香水です。
練香水の香りよりも、もう少ししっかりした香りを好まれる方におすすめです。
京都の季節を感じさせる5種類の香りを、かわいい子瓶に詰めました。
手首や耳の後ろ、首筋などにつけて香りをお楽しみください。リラックスしたい時や仕事の時、デートの時などそのお日の気分や予定で香水の香りを変えてみるのもおすすめです。

舞妓夢コロン - 京都限定のオーデコロン - マミーサンゴ/三興物産株式会社 (mamysango-shop.com)

という風に紹介されていました。ちなみに上記リンクより購入することも可能です。

 

また一部抜粋となりますが、商品の詳細として以下の情報が記載されていました。(※主成分や注意事項などの全ての内容を確認されたい場合はリンク先よりご確認ください。

ご使用方法
適量を指先に取り、手首や首筋、足首などに塗布してください。

 

内容量
20mL


ご注意とお願い
本品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には使用を中止してください。そのまま本品の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

舞妓夢コロン - 京都限定のオーデコロン - マミーサンゴ/三興物産株式会社 (mamysango-shop.com)

 

自分の使い方を紹介

アロマディッシュで香りを楽しむ

自分は比較的に写真に写っているアロマディッシュで気化させて香りを楽しむことが多いです。作業中や仕事をしている時に4~6滴アロマディッシュに垂らすと、ほんのり金木犀を感じることが出来て良い感じです。

アロマディッシュで

アロマディッシュに垂らして使います。

受け皿が必要みたいです。

あんまり垂らすと下まで浸透するようで、受け皿が必要みたいです。
ちなみにこちらのアロマディッシュはヒノキの香りもします。

 

下記より写真のアロマディッシュはご確認いただけます。

 

手首に付けて香りを楽しむ

公式にも説明がありますが、ピンポイントで香りを感じたい(楽しみたい)時には、手首に付けたりしています一時的にストレスが溜まりリフレッシュしたい時などにそういう使い方をしますね。

 

お風呂でも香りを楽しむ…?

水に落とすと、、、

水に落とすと、、、

何度かお風呂で試したことがあるのですが、あまりにも早く香りが飛んでしまうのでダメでした。笑 その辺はもっと別の商品を使った方がいいんでしょうね。

 

最後にまとめなど

さて、ここまで「舞妓夢コロン」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。個人的には京都コスメに関する他の商品が気になってきたところです。香りが好きな友達にも紹介しようと思っています。

 

ここまでの要点をまとめると…。

  • 香りには5種類ある
  • そのなかでも金木犀がダントツ人気
  • 和のデザインがいい
  • 香りが金木犀そのもの(※個人差有…。)
  • 持ち運びしやすい
  • 他の香りは微妙かも?
  • 吹きかけるタイプではない
  • 公式によると手首や首筋、足首などに塗布して使う
  • 筆者は気化させて使うことが多い

と、こんな感じでしょうか。

 

最後に紹介してきた商品のリンクを貼っておきますので、興味のある方は確認してみてくださいね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました~!