HSPと生きていく。

HSPによるHSPの為のブログになるといいな。

会社と私生活の境界線が薄いことに気が付いた。

どうも。たてしです。

 

寝室でラベンダーのアロマの香りを楽しみゆっくりしてた時にふと、『あれ、会社と私生活の境界線も薄くないか?』と気付いたので、これは書かねばとなり、書いております。

 

敢えて『会社と私生活の境界線も』と書いたのは、繊細さんは度々"人との境界線が薄い"と言われるからです。"人との境界線が薄い"からこそ、怒ってる人がいたら疲れたり、泣いてる人をみると悲しくなったり、楽しそうな人をみると楽しくなったりするんですよね。

 

話は戻ります。

自分はよく会社のことで悩んできました。未だに悩みは尽きないし、常に自分に合ってる職場はどこなんだろうって模索してます。

 

その悩みはニュアンス的なもので、伝わりにくいかもしれませんが、会社員の自分と私生活の自分がよくごっちゃになって、それがしんどかったんです。(今気が付いたんですけどね。)

 

普段の自分は〇〇だから、会社でもこうあるべきだよな。とか、会社の自分は〇〇だから、普段でも〇〇すべきか?とか。

 

書いててうまくまとまりませんが、気付けただけでも良かったです。問題は認知から始まりますので。また自己理解が深まった気がします。

 

みなさんも上手く自分自身と付き合って行けるよう願っています。